熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター講演会

第4回 有明海・八代海の再生・維持への研究〜沿岸域科学教育研究センターの活動

開会
挨拶 内野明徳(熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター長)
講演
「有明海・八代海の生物と漁業」
 逸見泰久(生物資源循環系解析学分野 教授)
「養殖ノリ色落ちのしくみを探る遺伝子研究」
 瀧尾 進(生物資源保全・開発学分野 教授)
「有明・八代海環境再生と防災との調和」
 滝川 清(水・地圏環境科学分野 教授)
「地球科学から観た有明海・八代海の環境」
 秋元和實(水・地圏環境科学分野 助教授)
「有明海の環境に対する周辺地域の人々の意識構造」
 鈴木 武(沿岸域社会計画学分野 客員教授)
「野鳥の池の順応的な管理を目指した研究」
 古川恵太(沿岸域社会計画学分野 客員助教授)
司会進行
滝川 清(沿岸域科学教育研究センター教授)
日時
2006年3月17日(金) 13:00〜17:20
会場
熊本大学工学部百周年記念館 1階

要旨集
※ブラウザ内でPDFがうまく表示できない場合は、ファイルをダウンロードしてからご覧になってください。(「右クリック」→「対象をファイルに保存」)