熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター講演会

第5回 有明・八代海の再生・維持への研究〜沿岸域科学教育研究センターの活動

開会
挨拶 内野明徳(熊本大学沿岸域環境科学教育研究センター長)
講演
「二枚貝を通してみる有明海・八代海の環境変化」
 逸見泰久(生物資源循環系解析学分野 教授)
「深海生態系と干潟生態系の共通性」
 嶋永元裕(生物資源循環系解析学分野 助教授)
「養殖ノリの環境ストレス応答」
 瀧尾 進(生物資源保全・開発学分野 教授)
「有明海の再生に向けた現地実証試験」
 滝川 清(水・地圏環境科学分野 教授)
「堆積物から見た海域環境変遷の特性」
 秋元和實(水・地圏環境科学分野 助教授)
「人々は有明海の環境問題をどのように捉えているか」
 鈴木 武(沿岸域社会計画学分野 客員教授)
「野鳥の池の実験から見えてきた海辺の自然再生の一手法」
 古川恵太(沿岸域社会計画学分野 客員助教授)
司会進行
秋元和實
日時
2007年1月26日(金) 13:00〜17:30
会場
熊本大学工学部百周年記念館 1階

要旨集